2022/11/27 2022年度今井機業場忘年会

27. November. 2022

 

今井機業場 3年ぶりの忘年会を砺波・草の家にて開催をしました。富山県でも少し陽性者が増えてきていますが、しっかりとした感染対策を行っての開催となりました。久しぶりの忘年会ではありましたが、50名近くのご参加頂き有難うございました。

 

忘年会と言えば「わくわく抽選会」。本年度は参加全メンバーに豪華賞品がプレゼントされました。

 

今回でニコニコ会役員は2年の任期が終了になります。来年からの新役員紹介では、次期会長予定者の若手ホープ酒元君から意気込みを挨拶してもらいました。来年以降よろしくお願いします。

 

やはりリアルでみんなと楽しめる場というのは大切ですね。コロナの状況も鑑みながら、少しずつ社内行事も復活していければと思います。

 

 

 

2022/8/5 産学官連携事業「とやまデザイン・トライアル」

12. August. 2022

富山大学芸術文化学部・富山県総合デザインセンターと株式会社今井機業場は産学官連携事業「とやまデザイン・トライアル」に2022年6月~8月の期間で取り組みました。「とやまデザイン・トライアル」は2016年より県内企業と大学が連携して、商品開発を通したデザイン人材の育成と企業のデザイン人材確保を支援しています。

 

今回は、富山大学芸術文化学部の学生20名(3、4年生)が今井機業場の機能性繊維素材を活用したライフスタイルプロダクトの開発に取り組みました。2か月間の試行錯誤を経て、製品の最終プレゼンテーションが8/5(金)三井アウトレットパーク北陸小矢部 2階にある「Meets GEIBUN」にて行われました。「Meets GEIBUN」は、富山大学芸術文化学部の芸術発信拠点として、デザイナーを志す学生と一般の消費者が交流することが出来る場所となっています。このような大学の常設展示場が一般の商業施設に設置されているのは、国内でも非常に珍しい取り組みだそうです。

 

学生は4グループ(各5名)に分かれ、使用する機能性繊維素材とグループテーマを設定し、試作品を作成しました。衣料品にとどまらず、落書きの出来るキッズテント、グラデーションが綺麗なマタニティラップ、麻素材を草木染めしナチュラル感を高めた風呂敷、手汗で困っている人用手袋、サウナハット(byムレシラズ)など、非常にユニークな製品を試作してくれました。中には既に商品名、ブランド、コンセプトを固め専用パンフレットも自作して、今すぐにでも販売出来そうな商品もありました。

 

商品開発の2か月間、芸術文化学部の学生と交流をすることで、弊社の商品開発メンバーも若い感性に刺激を受けて、新しい気付きを発見することが出来ました。発想やデザインを変えるだけで、商品価値も大きく変わると思います。また今後の仕事の中で生かせていければと思います。

 

「Meets GEIBUN」での展示は9/11(日)まで行われていますので、是非一度足を運んで頂ければと思います。

2022/6/6 令和4年度経営計画発表会

14. June. 2022

2022年6月6日(月)令和4年度経営計画発表会を開催致しました。昨年に引き続き、懇親会は自粛となりましたが、しっかりとした感染対策を施しながら計画発表会及び研修会を行いました。

 

 

午前の部は昨期の振り返りと今期の取組みについて部署ごとに発表を行いました。本年度は3年ぶりに来賓の取引先金融機関からも参加を頂き、弊社の現状や課題を共有頂きました。

 

 

運営面もメンバー間で連携して進めて行きました。新しく弊社に入社したメンバーにも積極的に役割を担って頂きました。

 

本年度の取組として、懇親会自粛な中でコミュニケーションを活性化させるため、自分の興味あるもの3つハッシュタグをつけて名札に記入しました。休憩時間にはスライドショーで皆のハッシュタグを流し、メンバーの意外な一面に触れることが出来ました。

 

午後の部では、株式会社ヒューマンブレインアソシエイツの稲垣先生より、「プロ人財としてのチームワークとコミュニケーション強化研修」というテーマで研修会を行いました。稲垣先生には中堅社員研修で多くのメンバーがお世話になり大変好評なため、今回の全体研修会の講師を引き受けて頂きました。トヨタ系など数多のものづくり企業で指導にあたってきた先生ならではの研修会で、製造業現場において如何に皆の意見を集約して最適解に近づけるか演習を通して学ばせて頂きました。

 

 

 

昨年同様コロナ禍での開催ではありましたが、無事本年度の経営計画発表会を開催することが出来ました。状況も着実に前進してきています。厳しい環境を打破していけるよう、皆の力を結集して頑張って行きましょう。